ゲームオブウォー(Game of War)の都市建設について

ゲームオブウォーの都市建設について説明します。建設は大きく分けて2種類あり、地方(城外)でしか建設できないタイプと、都市(城内)でしか建設できないタイプに分けられます。

地方建設(城外)

地方(城外)には、以下の5つの種類の建物を建てることができます。

  • 農場⇒食糧
  • 伐採場⇒木材
  • 採石場⇒石材
  • 鉱山⇒鉱石
  • 金鉱⇒ゴールド

それぞれの建物の建設レベルをアップすると生産量は増えていくので、どんどんレベルアップしていきましょう。また、地方(城外)に建設できるマスは全部で25マスあるので、良く考えて建設する必要があります。

バランスよく建設していく「バランスタイプ」や、一つの資源のみを建設する「特化タイプ」など、同盟内で資源の役割を作ってるところもあります。

兵士が多くなれば食料が大量にいりますし、ゲーム後半になってくれば他の資源が枯渇していきます。建設に正解はないので、人によって何を重視するかは分かれますが、そこを考えるのもこのゲームの面白いところだと思います。

金鉱については、フェイスブックで友達が登録してくれないとほとんど意味がないので、建設する必要はないと思います。替わりに他の建物を建設して資源の生産量を増やしましょう。

※クエスト消化のために、初期の段階で各施設を10か所作っておくことをお勧めします。

都市建設(城内)

 都市(城内)には、以下の複数建てることができる3種類の建物と、一つしか建てることができない14種類の建物を建設することができます。

複数建てることができる建物

  • 兵舎(複数可)⇒兵士訓練
  • 宿舎(複数可)⇒シルバー&訓練時間短縮
  • 病院(複数可)⇒負傷した部隊の治療

 兵舎・宿舎・病院は地方都市と同様に複数建設できる建物です。ここではバランスよく立てるのではなく、宿舎を多めに建設するようにしましょう。兵舎は一度に訓練できる数が増えますが、宿舎を増やすことで訓練時間を短縮してくれます。

宿舎を多くすることで兵士作成の回転率を上げることができるので、結果的に宿舎を多くした方が効率が良くなります。ゲーム後半になればシルバーも大量に必要になってくるため、できるだけ多く宿舎を作っておくといいでしょう。

病院に関しては4つか5つくらいでいいと思います。都市いる兵士がすべて治療できる状態であれば大丈夫です。必要以上に作る必要はないでしょう。

※クエスト消化のために、初期の段階で各施設を10か所作っておくことをお勧めします。

一つしか建てることができない建物

  • 拠点⇒最大レベルは21。
  • 城壁⇒罠を設置する
  • 学士院⇒様々な研究が行える。
  • 貯蔵庫⇒敵から攻撃を受けた際に、資源を守ることができる。
  • 指令所⇒同盟の支援部隊を配備。
  • 取引所 ⇒同盟間で資源を交換できる。ゴールドは不可。
  • 監視塔⇒都市や野営地に接近する部隊(偵察・攻撃)を発見します。
  • 精錬所⇒英雄の装備を生産する。
  • 訓練施設⇒処刑されて次の英雄を作る時に経験値を引き継ぐXP
  • 戦いの講堂⇒同盟戦争を組むことができる。「裏ワザ」がある。
  • 収容所⇒捕虜にした英雄を拘束する場所。互いに拠点レベル15以上だと処刑も可。
  • 祈祷所⇒英雄を処刑すると有効。処刑すると強力なブースト効果が得られる。
  • 宝物庫⇒ゴールドを預けて増やす場所。銀行の定期預金に預けるイメージ。
  • 墓地(城外)⇒拠点レベル15以上で英雄が処刑された時に行く場所。

ゲームを開始してすでに立っている施設もありますが、拠点レベルが上がっていくことで建てられるようになる施設もあります。 拠点に関してはお互いのレベルが10以上になることで収容所に英雄を捕獲することができます。お互い15以上になると英雄を処刑することもできます。

処刑された英雄は地方都市(城外)の墓地に収容され、新しく作る(経験値は引き継ぐ)こともでき、復活させることもできます。新しく作る場合は経験値をすべて引き継ぐわけではなく、訓練所のレベルに応じて経験値を引き継ぐことができます。

宝物庫はゴールドを増やす場所で、拠点レベルが15以上で使用可能となります。定期預金という形で、宝物庫に投資することによって、より多くのゴールドを得ることができます。ゴールドは一定額で預金する必要があり、満期を迎えると預金した額に咥えて利率に応じたゴールドを利子として受け取ることができます。

宝物庫をアップグレードしていけば、より多くのゴールドを預金することができるようになり、結果として受け取るゴールドも増えます。預けたゴールドは満期を迎える前に引き出すことも可能ですが、その場合は本来えられるはずだった利息は受け取れないので注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ