ゲームオブウォーのユニット部隊と戦略部隊について

ゲームオブウォーの部隊について説明します。部隊は通常のユニット部隊と戦略部隊がありますが、その中でさらに4つの部隊に分けられます。

  • 歩兵⇒得意=騎兵、苦手=範囲攻撃部隊
  • 騎兵⇒得意=範囲攻撃部隊、苦手=歩兵
  • 範囲攻撃部隊⇒得意=歩兵、苦手=騎兵
  • 攻城⇒得意=攻城の罠、苦手=歩兵・騎兵・範囲攻撃部隊

 各部隊にはそれぞれ得意・不得意があるので、状況に応じて部隊を編成するのがもっとも賢い戦い方だと思います。特に敵対する相手の都市に攻め込む場合は、城壁の罠でガッチリ防御を固めているところが多いので、攻城を多く持っていくと戦いを有利に持っていくことができます

逆に、荒野で野営している部隊と闘う場合は、都市で戦う時みたいに攻城の罠がないので、攻城を持っていく必要がありません。歩兵・騎兵・範囲攻撃部隊を大量にぶち込んで、相手部隊を全滅させてやりましょう。

通常部隊と戦略部隊の違いはまだよく分かっていませんが、上級プレイヤーの中で言われていることは、「戦略部隊は得意・不得意の効果が通常ユニットよりも高い」ということです。つまり、いくらこちらの兵士が多くても、相手に苦手なタイプが多いと負けることがあるということです。

部隊の行軍数や訓練の時間短縮について

部隊は拠点レベルによって、一度に行軍できる兵の数が決まっています。ですので、より多くの兵を引き連れていきたい場合は拠点のレベルを上げていくといいでしょう。また、兵士の訓練時間は、英雄のスキルや研究の効果で短縮することもできますが、もっとも簡単に短縮したい場合は、都市(城内)に宿舎をたくさん立てましょう。

宿舎は、レベル1で1%の時間短縮で、レベルが1上がることで1%ずつ短縮されていきます。つまり、宿舎を10個建設して、各宿舎をレベル5まで一気に上げるだけで、50%の時間短縮になります

兵舎を複数建設すると一度に大量の兵士を作ることが可能ですが、兵舎の数を減らして宿舎の数を上げたほうが訓練の回転率は上がります。結果的に宿舎が多い方が兵士を作ることができるので、兵舎はなるべく少なくして宿舎を多めに立てましょう。

部隊には第一世代から第四世代までがある

都市がまだ発展していない間は、第一世代(T1)の兵士しか作ることができませんが、都市を発展させて研究を重ねていくと、第四世代(t4)の兵士を訓練することができるようになります。第一世代から第四世代までの説明は下記の記事を参考にしてください。
部隊の第一世代(T1)から第四世代(T4)について

基本的に、第一世代の兵士では第二世代の兵士には勝つことができません。もちろん第二世代も第三世代の兵士には勝てないです。いくら兵士が大量にいたとしても、一段階上の世代の兵士は圧倒的な強さになります。ですので、戦争に勝つにはいかに上の世代の兵士を作れるかが鍵となります。

ちなみに拠点レベル8で第二世代、拠点レベル15で第三世代、拠点レベル21で第四世代の兵士が訓練できるようになります。※兵士を訓練するには研究で該当する兵士をアンロックする必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ